皮膚を大切に扱う

バリア機能の改善が大切です。

看護師

アトピーは戦前までは珍しかった病気で、戦後になってから増えてきた皮膚炎です。 アトピー患者が増えている原因ははっきりとはわかっていませんが、清潔すぎる環境が免疫システムに何らかの影響を及ぼしていることが要因の一つと考えられています。 アトピーの治療は皮膚科でのステロイド治療が主な方法となっています。 ステロイドの作用によりかゆみを抑え、肌のバリア機能の回復することにより症状を改善させます。 アトピーの治療で大切なのは皮膚科での治療後にしっかりと肌の保湿ケアを続けることです。 アトピー患者の皮膚は薄く傷つきやすく症状が再発しやすいため、治療後も乳液や化粧水などで肌のバリア機能を保護することが症状の改善に大切になってきます。

アトピー向けの製品が人気です。

最近ではアトピー患者向けの乳液や化粧水などを皮膚科医と化粧品会社が共同で開発した製品が注目を集めています。 アトピー患者向けの乳液や化粧水は、肌への浸透力が高く保湿効果に優れた製品となっており、アトピーの症状の改善に最適です。 肌への負担が少なくなるように工夫されているので症状の重い方や子供でも安心して使用することができる点や、皮膚科医が開発に参加しているので安全性の面からも信頼できる点が人気となっている理由です。 皮膚科でも症状の改善に化粧水や乳液などを使用し、肌のバリア機能を保護することが推奨されています。 価格はインターネットの通販などで500円から1500円程度で購入できるので興味のある方は一度、検索してみてはいかがでしょうか。